七五三の初穂料(お金) のし袋の書き方【表書き編】

七五三の参拝で神社への祈祷料として渡す初穂料で、のし袋の書き方についてお伝えします。

のし袋は外袋と中袋があり、それぞれ外袋には「表書き」を、中袋には内袋に書くべきことがあります。

 

まずは「表書き」の書き方について。

 

表書きには「初穂料」と「(祈祷を受ける)子供の名前」を記入

 

七五三の初穂料では、のし袋の表書きは↑上図のように、

・水引き(紅白蝶結び)の上(上段)

 →「初穂料」もしくは「御初穂料」

・水引きの下(下段)

 →祈祷を受ける子供の名前(フルネーム)

を書きます。

 

兄弟や姉妹で一緒にお参り・祈祷を受ける場合は、兄弟の名前を連名にして書きます。

 

 

水引の下(下段)になぜ子どもの名前を書くの?

水引の下(下段)に祈祷を受ける子供の名前を書く理由は、神社の神主さんや巫女さんが初穂料を受け取る際、祈祷を受ける子の申込用紙(神社で用意している祈祷の申込用紙)と、どの子の初穂料を受け取ったかを付けあわせるためにも、のし袋の表書きにも中袋にも子供の名前を書きます。

 

※毎年10−11月の七五三シーズンは多くの子供が七五三の祈祷を受けるため、神社側ではどの子が祈祷を受けるのか、初穂料を受け取ったのかを把握する必要がある。

 

文字書きには、できればボールペンではなく、筆ペンで書くのがいいでしょう。もちろんボールペンで書いちゃダメということはありませんが、見た目にものし袋への書きやすさからも筆ペンをおすすめします。

 

次の記事はこちら

次は、のし袋の中袋の書き方についてです。

※七五三初穂料のページに戻るにはこちら

 

神社・お寺へのお参りの日程・大安日の確認はこちら

 

レッツ運だめし!ーおみくじをひこう!!

ここは一発運だめし!!おみくじをひこう!神社やお寺で祈祷を待っている間やお子様と一緒にぜひお楽しみ下さい!
(別サイト:おみくじドットコムへリンク)