初穂料どっとこむ

 

 

 

七五三の初穂料で使うのし袋(金封)の種類は?

七五三の参拝で神社への祈祷料として渡す初穂料で、今回はその初穂料を包むのし袋(金封)の種類について、どのタイプののし袋を使えばいいのかについてお伝えします。

 

慶事の行事である七五三には水引が『花結』ののし袋(金封)を使用

七五三は慶事でお祝い事ですので、のし袋は水切が「花結(はなむすび)」になっている↓以下のような種類のものを使います。

※花結ののし袋は一般慶事でのお祝いやそのお返し、謝礼などに使用します

 

水切りの色は紅白のものでも、金銀のものでもどちらでも可です。

 

 

市販には↑写真のような実際の水引があるものと、のし袋自体に水引が印刷されているものがありますが、どちらを使用できます。

(▲目次に戻る)

 

「あわじ結び」「結切」のものや「弔事」用のものとお間違えのないように

のし袋には他の種類で水引が「あわじ結び(あわび結び)」「結切」のものと「弔事」用のものがありますが、七五三の初穂料用で使うのは↑上記の「花結」のものになりますので、お間違えのないように。

 

 

※「あわじ結び(紅白)」「結切」の水引は主に婚礼に関する慶事で使います。解けない固い結びなので、結婚祝いなど何度あっては困る御祝に使われます。

※あわじ結び(紅白)のものは一般のお祝いでも使われることがあるようですが、七五三では花結のものが無難かと思われます。

(▲目次に戻る)

 

次の記事はこちら

 

初穂料・祈祷料に関するアンケートにご協力ください

七五三の初穂料・祈祷料に関するアンケートを行っています。回答していただくとすぐに回答結果が表示され、他のみなさんが初穂料をどのようにしているのをすぐに見ることができます

(▲目次に戻る)